携帯を触る男性
暮らし

独り身男性必見!シェアハウスで賑やか東京ライフ

新しいライフスタイル

最近では生涯独身という人も男女を問わず多くなってきました。
自分から選択をして独身を貫く、というのであれば勿論それは悪いことではありません。
しかしながら、本当は結婚したいという気持ちがあるにも関わらず結婚を諦めて生活をしている、というのは良いことかというと必ずしもそうではないでしょう。
そこでここでは、「結婚」や「恋愛」のことを視野に入れつつ生活をすることができる方法を一つ紹介します。

今回紹介するのは「シェアハウス」に生活するという方法についてです。
まずはシェアハウスというのがどのようなものであるのかについて紹介します。
シェアハウスについて良くある誤解なのが、ルームシェアと同じように同じ空間で生活をするものだというものだと考えているということです。
ルームシェアは一つの部屋を友人などと一緒に利用する形式のことを言うものですが、シェアハウスとはこれとはかなり形式が違っています。

シェアハウスは友人と入居するというよりは、単独で入居するという方が多く見られます。
シェアハウスは大家や管理会社によって運営が行われているもので、一戸建ての一室を自室として借りて利用するという形式をとっています。
シャワーやキッチン、トイレなどについては共用のものを使うものの、睡眠などは自分だけのスペースで行うことができるために、基本的にはプライバシーが確保されているというのがルームシェアとシェアハウスにおける最大の違いです。

シェアハウスでの出会い

とはいえ、やはり一戸建てに比べると他の人との距離が近い生活の方法です。
男性のみとしているシェアハウスもあれば、男女共同としているシェアハウスもあるために、こういったものに入居をすると出会いの場を確保することもできるでしょう。
実際シェアハウスでの恋愛を経て結婚をしたというカップルも少なくありません。

ただ、シェアハウスでの恋愛についてはいくつか注意しなければならない点もあります。
まず、そもそもハウスルールにおいてシェアハウス内の恋愛を禁止にしている場合もあるということです。
これは当人同士についてはともかく、ほかの居住者に取っては迷惑になってしまう可能性が高いということから来ています。
文面にはなっていなくとも、暗黙の了解としてハウス内恋愛は避けるようになっていることも少なくないため、必ずしも恋愛目的で利用できるかというとそうではないことには注意をしておく必要があるでしょう。

また、もし恋愛自体がOKであったとしても、もしその後別れてしまうようなことがあると空気が最悪になります。
どちらか、またはどちらもが退去することにも繋がるため、そのこともよく考えて生活をするようにしましょう。

それでは、シェアハウスをしたいという場合には、どこのシェアハウスを選ぶのが良いのでしょうか?
シェアハウスの人気が高い地域であるのは、やはり多くの人が様々な地域から集まる場所である東京です。
東京は様々な設備が整っているということもあり、ほかの地域に比べても生活がしやすい環境が整っています。

東京は人口が多くシェアハウスも多いため、その分目移りをしてしまいやすく探すのが難しいという贅沢なデメリットがあります。
それぞれの物件の特徴が分かるようになっているサイトを利用することによって、より簡単に物件を探せる方法を確保すると良いでしょう。

シェアハウス選びのポイント

それでは、シェアハウスを選ぶ場合にはどのようなことに注意をして選ぶのが良いのでしょうか?
都内の場合、立地条件についてはどのシェアハウスもかなり利便性の高いものとなっていることが多いために、あまり心配をする必要はありません。
ただ、やはり出勤の際のアクセスなどについては事前に実際に歩いてみてチェックをしておいた方が無難でしょう。

もう1つのポイントとなるのが、価格です。
家賃と共益費がどの程度に設定されているのか、ということと、初期費用としてどういったお金が必要になるのかということをしっかりチェックしておくようにしましょう。
シェアハウスによっても違いますが、共益費には水道光熱費が含まれている場合が多いため、その費用については別途計算する必要がなくなっているケースが多く見られます。

また、初期費用として掛かることが多いのは保証金と前家賃です。
保証金については敷金の変わりのような形で利用されていることが多いですが、減価償却が発生するようになっているなど微妙にルール違っている場合もあるため、契約前に不動産業者や管理会社にたいして確認をとっておく必要があります。退去の時になってトラブルになる、ということがないように注意しましょう。

自分でシェアハウスを運用するのもアリ

シェアハウスとは別に、不動産運用を考えている場合は自分でシェアハウスを運用するのも一つの方法です。
家を一軒丸ごと貸すのではなく、部屋単位で貸し出せば入居者が決まらない時の赤字が出にくくなります。

さらに自分も住むことで、入居者との細かいコミュニケーションが取れます。物件を丁寧に使うよう話すこともできますし、水道やガスの不調も迅速に対応できます。
もちろん出会いも期待できるでしょう。

自分の自宅の余った部屋を貸し出すと思えば、普通に不動産運用をするより収入面では気楽です。
物件もローコスト住宅の建築企業を利用すれば、非常に安価に建てられます。
ローコスト住宅について詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参考にして下さい。
🏡ローコストな理由|ローコスト注文住宅・建て替えならモクハウス